SMモール in バギオ

SMモール in バギオ

バギオに来た留学生が、まず行く場所がここです。日本のイオンショッピングセンターみたいなところで、必要なもののほとんどが揃います。お菓子、化粧品、文房具、お金の両替所、映画館もあります。ここで、毎週、いろいろなお菓子を買いました。また、お土産を買うことも出来ます。

               sm mall

映画がすごく安くて200から300ペソで見ることが出来るので三回ほど行きました。英語やタガログの字幕もなく、英語音声のみです。それが、ちょっと驚きでした。

なぜなら、はじめて、フィリピンに来た時に、taxiドライバーの英語が、フィリピンでは英語が公用語と言われている割に、全然上手くなかったからです。本当にみんな理解できているのかなという疑問がうかびました。でも、フィリピン人はみんな英語のまま映画を理解しているそうです。

彼らの話によると、フィリピンでの学校の授業は、フィリピンの歴史や言語に関する授業以外、すべて英語で受けるそうです。数学やその他の学問を説明することが、タガログでは出来ないそうです。そのため、大学生や若い子達は英語を上手に話します。でも、taxiドライバーなどをしていて英語を使わないと忘れていくと言っていました。でも、映画を理解するぐらいのリスニング力はなくならないのでしょう。

ところで、SMモールの上の階では、いろいろな屋台があり、さまざまな食べ物が売られています。

関西人ということもあり、タコ焼きが恋しかったので、TAKUYAKIを買ってみました。一文字違うけど気にしません。

takuyaki

ソースを2種類から選べました。スパイシーかスウィートかと聞いてきたので、日本のタコ焼きのソースみたいなのがスウィートで、スパイシーはちょっとチリソースみたいなのだろうと勝手に解釈して、両方と頼みました。すると、ピンクとオレンジのソースがかかっていました。

takuyaki 2

ピンクがジャムみたい味でオレンジがチリソースだと思います。しかも、中にタコは入っていませんでした。(TAKUなんですよね、一文字の違いにもっとシリアスになるべきでした。残念です。)味はお好み焼きに近いかな、キャベツが入っていたので。

でも、もう一つぼくがトライした屋台は美味しかったです。その名もbubble waffle。焼きたてのワッフルにアイスをのせて、いくつかトッピングを選べます。

waffle store waffle sm

その他にも、いろいろな屋台があるので、みんなと挑戦するとおもしろいかもしれません。