インプラント コンサルテーション セミナー

インプラント コンサルテーション セミナー

今日はオステムジャパン主催の吉竹先生のインプラントのコンサルテーションに関するセミナーを受講してきました。

現在の口腔状態の診断の重要性、咬合、歯周病、全身疾患、年齢が治療方針の決定に非常に重要であることを再認識するのに、非常にいい講演内容でした。

image2

特に心に残った言葉が、昔からよく言われている言葉ですが、木を見て森を見ず、歯を見て口腔状態を見ず、さらに森を見て季節を見ず、口腔状態を見てライフステージを見ず。

単純な小臼歯の1歯欠損に対しても、高齢者であれば、インプラントでもいいかもしれませんが、若くて不正咬合があれば、欠損のスペースを利用して矯正治療をした方が、将来的な残存歯数は明らかに増えるでしょう。

健康的な口腔状態を長期間持続させるためには、何が必要かを再考するいい機会になりました。

image1 (2)