Megagen international symposium

Megagen international symposium

こんにちは歯科医師の冨森輝郎です。
この日曜日に、メガジェンというインプラントメーカー主催の国際シンポジウムに参加してきました。このシンポジウムでは、骨造成の代わりにショートインプラントを用いることによる治療期間の短縮や、ソケットシールドやデジタルテクノロジーを用いることによる審美的治療に関する講演が開かれました。

image2 image1
メガジェンはまだ、新しいインプラントメーカーなのですが、韓国、アメリカ、日本を代表するインプラント医によって開発されたシステムで、そのシステムを使用することにより様々な治療を可能とすることが出来ます。
シンポジウムでは終始、歯科医師として興味深い内容を聞くことが出来ました。

1300人の参加者が集まりましたが、日本人は2割程度で、ランチ時や最後のパーティの時など海外から来られた歯科医師の方と話す機会もありました。メガジェンCEOのパク先生とも写真を撮ることが出来ましたし、日本にいても、英語力の必要性を確認するいい機会になりました。

image1
まだ、奈良でメガジェンインプラントを導入している医院は冨森歯科医院のみになります。今後もこういった機会に参加するとともに、最先端の機器を導入し最良の治療を提供できるように、冨森歯科医院は頑張っていきます。